ファッション

靴ひも自動調整スニーカー“ナイキ マグ”のオリジナルモデルが1000万円超えで落札

 1985年の公開以来、今なお根強い人気を持つSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」の2作目で89年に公開された「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」内で登場した「ナイキ(NIKE)」の靴ひも調整を自動で行う未来のスニーカー“ナイキ マグ(NIKE MAG)”のオリジナルモデルが、オークションサイト「イーベイ(eBay)」で9万2100ドル(約1010万円)で落札された。

 出品されたのはヒール部分が激しい加水分解を起こしている左足のみだったが、約30年前の映画公開時に生産されたオリジナルモデルという希少性から1000万円超えの大台を記録しての落札となった。

 なお、“ナイキ マグ”は、ティンカー・ハットフィールド(Tinker Hatfield)「ナイキ」シューズデザイナーがデザインし、2011年と16年にはレプリカモデルが発売された。16年のモデルにはファン待望の靴ひも自動調整機能が搭載されたこともあり、いまだにプレミアム価格で取り引きされている。

[related post="203295" title="「ナイキ」が「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」のスニーカー"2015 ナイキマグ"を発売"]
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。