ファッション

「ミナ ペルホネン」が衣装を担当 没後35年の寺山修司の演劇「書を捨てよ町へ出よう」

 「ミナ ペルホネン(MINA PERHONEN)」が、寺山修司没後35周年を記念し公演される演劇「書を捨てよ町へ出よう」の衣装を手掛けた。台本と演出は藤田貴大(マームとジプシー)で3年ぶりの公演になる。その際も衣装は「ミナ ペルホネン」が担当。藤田から同ブランドのデザイナーである皆川明へ直接依頼があったという。

 「書を捨てよ町へ出よう」は“言葉の錬金術師”と呼ばれた寺山の初期代表作で、鬱屈した青春を過ごす若者を描いた挑発的な作品。ドラマーの山本達央や若手俳優の佐藤緋美が出演する他、芸人の又吉直樹や歌人の穂村弘が映像出演する。

 10月21日まで東京藝術劇場シアターイーストで公演中。その後、長野県・上田市や青森県・三沢市、北海道・札幌市の国内ツアーを経てフランス・パリでも公演する。

 チケットは一般前売りが4800円、一般当日が5300円、65歳以上が4300円、25歳以下が3800円、高校生以下が1000円(税込)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら