ニュース

「モンクレール ジーニアス」7弾発売 「ヴァレンティノ」のピッチョーリがダウンを優雅なイブニングウエアに昇華

 「モンクレール(MONCLER)」は、8人の世界的クリエイターとのコラボコレクション「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」の第7弾として、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のクリエイティブ・ディレクターを務めるピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)による “1 モンクレール ピエールパオロ・ピッチョーリ”を10月11日に世界同時発売した。日本ではハウス オブ ジーニアス 東京とドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA)で取り扱う。

 ピッチョーリが提案するのはダウンで全身を包み込むロングドレスやロンググローブ、ケープなどのイブニングウエア。ブラジルの画家シディバル・フィラ(Sidival Fila)の描く天使がモチーフと思われる抽象画やピッチョーリ自身が抱く中世の聖母像が着想源となっており、アウトドアにルーツを持つダウン素材の既成概念を覆すようなエレガンスを感じさせるコレクションとなっている。

 ピッチョーリはローマのヨーロッパ・デザイン学院卒業後、フェンディ(FENDI)を経てヴァレンティノに入社。2008年、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)と共に「ヴァレンティノ」のクリエイティブ・ディレクターに就任し、16年のキウリの退任によって単独のクリエイティブ・ディレクターとなった。

 「モンクレール ジーニアス」は、8つのコレクションを週替わりでフォーカスするポップアップストア「ハウス オブ ジーニアス」を5日に東京とニューヨークにオープンした。ストア出現と同時にフランチェスコ・ラガッツィ(Francesco Ragazzi)「モンクレール」アートディレクターによる“8 モンクレール パーム エンジェルス”を第6弾として発売した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら