ニュース

隈研吾がボトルデザインを手掛ける「アマン」発のスキンケアが誕生 創業30周年を記念して30品を展開

 世界各地にリゾートホテルを運営する「アマン(AMAN)」から「アマンスキンケアコレクション」が誕生した。「アマン」創業30周年にちなんでアイテム数は30品をそろえる。同コレクションは「アマン東京」をはじめ全世界の「アマン」でスパ用のスキンケアとして使われるとともに販売もされる。価格は1万1200~2万6000円。

 「アマンスキンケアコレクション」は、山々と砂漠をイメージした「グラウンディング」、海をイメージした「ピュリファイング」、森林や緑をイメージした「ナリッシング」の3ラインで展開し、それぞれフェイスクリーム、セラム、マスク、ボディーバター、バスソルト、バスミルク、スクラブ&ソーク、フェイスミストなどをラインアップ。「アマン」のあるブータンやモロッコ、インドなど世界各地の成分素材を用い、優しい香りとともに瞬時に心を落ち着かせる。

 ボトルデザインは建築家の隈研吾が手掛け、ブランドのルーツである東洋の文化を融合して、日本の磁器を再解釈した美しいフォルムが特徴だ。ボトルには100%リサイクル可能な素材を使用している。