ファッション

2016-17年秋冬トレンドは“垂らす”

 3月14日にスタートした「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京(MBFWT)」2016-17年秋冬が19日で最終日を迎えました。期間中は約60ブランドがショーやインスタレーションを行い、22日からは展示会ウイークに突入。ショーブランドと展示会ブランドの取材から、来シーズンの傾向を分析していきます。

 多くのショーを見る中で、次シーズン東京のトレンドになりそうなキーワードは、すでにいくつかありますが、今回はその一つを紹介します。

 MBFWT期間中、メンズ・ウィメンズ問わず気になったのは、“垂らす”です。どこかしらが極端に長いディテールのことで、すでに他都市で発表したブランドのコレクションでも多く見られますが、その傾向は東京でも顕著です。

 一概に“垂らす”といっても、その落とし込みはさまざま。袖が異様に長かったり、アイテムに付けたテープや首元に巻いたアクセサリーがヒラヒラしていたりなど、ショーではモデルが着用することで、コーディネートに動きを加えるディテールとしても役立っていました。また、長いアクセサリーやテープは、重力により垂れ下がり、コーディネートに自然と縦のラインを作る要素になっています。レイヤードが得意と言われる東京ブランドですが、“垂れる”ディテールは、レイヤードで重たくなりがちな秋冬のコーディネートをシュッと見せる効果も持っています。

 ここ数シーズン、日本ではベーシックやシンプルなどがトレンドのキーワードになっていましたが、16年春夏から、徐々にデザイン性や女性らしさを強めるブランドが増え、16-17年秋冬は、本格的にそのムードが復活する兆しを感じます。その凝ったデザイン性の一つとして、刺しゅうやフリルとは異なり新しさを感じる、“垂れる”ディテールが登場したのかもしれません。

 ここでは、次シーズン東京で流行るかもしれない!? “垂らす”テクニックをバリエーション別に紹介します。

[rel][item title="テクニックその1
袖や裾を長くする" href="https://www.wwdjapan.com/focus/column/collection/2016-03-23/14581/2?=next1" img="http://www.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/migration/160322-mbfwt-001.png" square=true size="small"][/rel] [rel][item title="テクニックその2
テープやベルト使いでアイテムに動きを" href="https://www.wwdjapan.com/focus/column/collection/2016-03-23/14581/3?=next1" img="http://www.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/migration/160322-mbfwt-002.png" square=true size="small"][/rel] [rel][item title="テクニックその3
取り入れやすい!長いアクセサリー使い" href="https://www.wwdjapan.com/focus/column/collection/2016-03-23/14581/4?=next1" img="http://www.wwdjapan.com/admin/v2/wp-content/uploads/migration/160322-mbfwt-003.png" square=true size="small"][/rel]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら