ニュース

パルが原宿・明治通りに新業態「ベースヤード トーキョー」を10月5日オープン

 パルは、東京・原宿の明治通り沿いのセレクトショップ「チャオパニック・カントリーモール(CIAO PANIC COUNTRY MALL)」を9月24日で閉め、新業態のショップ「ベースヤード トーキョー(BASEYARD TOKYO)」を10月5日にオープンする。

 店舗は2フロア構成で、「チャオパニック(CIAOPANIC)」「カスタネ(KASTANE)」「ミスティック(MYSTIC)」「フーズフーギャラリー(WHO’S WHO GALLERY)」、そして引き続き「チャオパニック・カントリーモール」のアイテムを垣根なく並べる。「フロントヤード」と題した1階のエントランス付近のイベントスペースには、オープンから1カ月間、カジュアルファッション雑誌「リル(LILLOU)」(三栄書房刊)と連動したコーナーを特設。また2階奥のスペースは「バックヤード」と名付け、約1万冊の漫画を取りそろえるなど、カルチャー発信の場としての性質ももたせる。

 オープン初日はカルチャー動画メディア「ルーテ(lute)」と協同してライブを開催し、“東京のインディー三銃士”と称されるロックバンド「ミツメ」とヒップホップユニット「FNCY」が出演する。

 前身の「チャオパニック・カントリーモール」は2015年11月、総合ディレクターにスタイリストの熊谷隆志を招いて複合型ショップ「CPCM」としてスタートし、アメリカのクラフト雑貨、家具などを販売。17年9月に店名を改称し、客層拡大へ向けオリジナルブランドやインポートの展開を強化していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら