ニュース

三陽商会「バーバリー」後遺症長引く 三たび希望退職者250人募集 

 三陽商会は21日、250人程度の希望退職者を募集すると発表した。対象は販売職を除く従業員。募集期間は10月29日から11月26日、退職日は12月31日。退職者には特別退職金を支給するとともに、希望者には再就職先を支援する。

 同社は2015年6月末に屋台骨だった「バーバリー(BURBERRY)」を契約終了で失う“バーバリーショック”を挟んで、13年に約270人、16年に約250人の希望退職者を募ってきた。それ以外にもブランドや店舗の整理を伴うリストラを断行。18年12月期には3期ぶりの営業黒字化を予想していたが、1〜6月期の販売苦戦を受けて、これを撤回した。7月の決算会見で岩田功・社長は「黒字化を約束していたのに、不甲斐ない結果になってしまった」と反省の弁を述べていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら