ファッション

LVMHプライズ優勝の「マリーン セル」が国内初のポップアップ

 2017年LVMHプライズでグランプリを受賞したフランス発のウィメンズブランド「マリーン セル(MARINE SERRE)」は9月20~30日、国内初のポップアップショップを東京・南青山のアデライデ(ADELAIDE)に開く。

 内装は“MANIC SOUL MACHINE”をテーマにした18-19年秋冬に合わせて、“2049年のトレーニングルーム”をイメージした空間。フィットネスマシーンやジムボール、監視モニター、スクリーン、iPadなどを配置し、スクリーンではブランドのキャンペーンムービーを投影する。商品はブランドのアイコンである月のマークを入れたトップスやシューズ、古着を用いた“アップサイクルピース”のドレスやアクセサリーなどを取り扱う。

 デザイナーのマリーン・セルは1991年12月13日仏コレーズ生まれの26歳。2016年にベルギーの芸術学校ラ・カンブルを首席で卒業。在学中に「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「ディオール(DIOR)」「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」などでインターン経験を積む。卒業後には「バレンシアガ(BALENCIAGA)」のデザインチームに加わり、在籍中に2017年LVMHプライズでグランプリを受賞。17年9月にバレンシアガを退社し、自身のブランドに専念。ブランドコンセプトに“FUTURE WEAR(未来の服)”を掲げ、スポーツやストリートなどのテイストをミックスしながらクチュールテクニックと機能性を加えているのが特徴。パリコレデビューになった18-19年秋冬コレクションは45%が古着を使ってデザインした“アップサイクルピース”で構成した。18-19年秋冬のグローバルでの卸先は約70店。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら