ファッション

「アライア」のポップアップが東京で初開催 昨年急逝の本人の志向を継承

 コンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)傘下の「アライア(ALAIA)」は、ギンザ シックス(GINZA SIX)2階のコンセプトショップ「シジェーム ギンザ(SIXIEME GINZA)」でポップアップストアをオープンした。期間は10月2日まで。国内では大阪に続き2度目で、東京での開催は初となる。

 ブランドを代表する花びらをモチーフにした“ビエンヌ”シリーズや、エスニックなグラフィカルパターンの“アラベスク”など、パンチングやカットワーク、細かなスタッズ使いが特徴のレザーアイテムをそろえる。その他、ボディーコンシャスなニットドレスやスカートをはじめ、うねりを織り出した平織りのポプリンを用いたブラウス、アイコニックなシルエットのコートなどもラインアップする。

 ポップアップの什器やボディーは、昨年急逝したアズディン・アライア(Azzedine Alaia)本人の指示により、すべて本国のパリから取り寄せたもの。妥協のないものづくりを続けていたアライアのこだわりを受け継いでいる。

■ALAIA POP UP STORE
日程:9月5日〜10月2日
場所:GINZA SIX 2階 SIXIEME GINZA
住所:東京都中央区銀座6-10-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら