ファッション

アズディン・アライアの回顧展がアライアの自宅兼アトリエで開催

 アズディン・アライア(Azzedine Alaia)の生涯のパートナーで画家のクリストフ・フォン・ウェイエ(Christophe von Weyhe)とカルラ・ソッツァーニ(Carla Sozzani)=ディエチ コルソコモ(10 CORSO COMO)創業者、そしてアズディン・アライア・アソシエーション(Azzedine Alaia Association)は1月22日~6月10日、パリ・ヴェルリ通り18番(18 rue de la Verrerie)で、アズディン・アライアのアイコニックな作品35点を集めた回顧展「アズディン・アライア『私はクチュリエ』(Azzedine Alaïa “ Je suis Couturier”)」を開催する。

 マレ地区にあるこのアドレスは、アライアの店舗兼アトリエで自宅だった場所だ。彼は「マレ地区の自宅にメゾンのような財団を作りたい」という言葉を残しており、生涯にわたり収集した自身の作品や他の多くの才能あふれるクリエイターたちの作品を保存し、研究者向けに公開したり、展示会を企画・主催することができる財団とすることを目指していた。アズディン・アライア・アソシエーションは、アズディン・アライア・ファウンデーション(Azzedine Alaia Foundation)と改名され、今後はアライアの膨大な作品を所蔵し展示していく。

 今回の展覧会は、アライアの有名な言葉「私はデザイナーではない。私はクチュリエだ」にちなんでつけられた。 キュレーションを担当するオリヴィエ・サイヤール(Olivier Saillard)は、2013年にパリのガリエラ美術館で開催されたアライアの回顧展に、アライアと共に携わった人物だ。
サイヤールは「私の目には、すべてのクチュリエの作品の中でアズディン・アライアの作品が、最も無傷なまま、純粋なままであるように映る。彼自身の手から生まれたコートやドレスはどれも、アライアの存在を存分に感じさせてくれる。年月を経ても、アライアは常に作品の中に全盛期のまま生き続けている。この魅力的な現実に直面するとき、われわれはもはやキュレーターではなく、彼が残した全作品の庇護者となる」とコメントを発表した。

■アズディン・アライア「私はクチュリエ」(Azzedine Alaïa “Je suis Couturier”)展
日程:1月22日~6月10日
時間:11:00~19:00
住所:パリ・ヴェルリ通り18番

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら