ニュース

創業者の死に直面したメゾン アライア、ブランドは継続

 11月18日に心不全で死去した創業者のアズディン・アライア(Azzedine Alaia)が率いたクチュールハウス、メゾン アライア(MAISON ALAIA)は、今後もコレクションを継続し、予定している回顧展や展覧会も行う予定であることを12月18日に発表した。次回のプレタポルテ・コレクションとアクセサリーコレクションの発表は2018年1月と3月に行う。しかし、デザイナーは明らかになっていない。

 コンパニー フィナンシェール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)傘下の同メゾンの内情は明らかになってない部分が多いが、スタジオディレクターはキャロリン・ファーブル・バザン(Caroline Fabre Bazin)が、アライアのファーストアシスタントは日本生まれパリ在住の瀬尾英樹が務めている。

 アライア自身が作品収集に協力した回顧展「アズディン アライア:ザ クチュリエ(Azzedine Alaia: The Couturier)」は、ロンドンのデザイン・ミュージアム(Design Museum)で18年5月10日〜10月7日に開催される。

 同回顧展とは別に、メゾン アラインは一連のイベントや回顧展の開催を発表した。1月のパリ・クチュール・コレクション期間中にマレ地区・ヴェルリ通りのギャルリー・アライア(Galerie Alaia)で回顧展を開催する。13年にパリのガリエラ美術館のリニューアルオープンを飾ったアライアの大規模回顧展にも携わったオリヴィエ・セイラード(Olivier Saillard)がキュレーターを務める。ロンドンの回顧展開催期間中には、ロンドン初の旗艦店をニューボンド通りにオープンする。

 07年にアライアが、彼の生涯のパートナーであり画家のクリストフ・フォン・ウェイエ(Christophe von Weyhe)とカルラ・ソッツァーニ(Carla Sozzani)=ディエチ コルソコモ(10 CORSO COMO)創業者と創設したアート財団、アズディン・アライア・アソシエーション(Azzedine Alaia Association)は、アズディン・アライア・ファウンデーション(Azzedine Alaia Foundation)に改名し、ムジー通りの本社にあるアライアの半世紀にわたる作品やライフワークを収集する。また、研究者向けに、ファッションとカルチャー専門のライブラリーを公開する。

 さらに、メゾン アライアはファッションとデザインに関する一連の展覧会の企画中。また、若手デザイナーを育成するため、奨学金のスポンサーを務めることも計画しているという。