ファッション

“ウェルネス”な2ブランドを加えて100億円企業を目指すアルコインターナショナル

 輸入代理店のアルコインターナショナル(大阪、降幡昌弘・社長)は、2019年春夏から新たに2つの米国ブランドの国内販売を行う。1つは19年春夏に本格始動するスポーツウエアブランドの「カルバン・クライン・パフォーマンス(CALVIN KLEIN PERFORMANCE)」で、ウィメンズとメンズを共に用意し、国内向けには“アジアンフィット”を展開する。もう1つは、ウィメンズのヨガバッグブランド「ゴー・ダッシュ・ドット(GO DASH DOT)」だ。仕事や旅行にも対応する汎用性が魅力で、素材はナイロンやポリエステル。価格は1万円台後半から2万円台が中心だ。いずれも販路はセレクトショップやスポーツ専門店。

 アルコインターナショナルの18年6月期の売上高は45億円で、前期比28.5%増だった。降幡社長は「私が入社した2004年以降、増収増益を続けている」と言う。今後も「毎年20~30%ずつ成長させるため」に、9月1日付で事業部再編を行った。

 新たな組織は、ポルトガルのコンフォートシューズブランド「アルコペディコ(ARCOPEDICO)」や米国・マサチューセッツ州のリカバリーシューズブランド「ウーフォス(OOFOS)」、オレゴン州のステンレスボトルブランド「ハイドロフラスク(HYDRO FLASK)」など海外ブランドの卸を行う国内事業部(ウインド事業部)、「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」や「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」「フィアー オブ ゴッド(FEAR OF GOD)」など海外ブランドの輸入代行を行う海外事業部(オーシャン事業部)、「カルバン・クライン・パフォーマンス」の販売とテキスタイルの輸入卸、リメイクブランド「レディメイド(READYMADE)」やバッグブランド「ジャンティバンティ(GENTIL BANDIT)」といった国内ブランドの輸出を行う新設のスカイ事業部からなり、いずれも20代後半から30代前半の若手社員を執行役員として抜擢した。

 「ウインド事業部では引き続き“ウェルネス”をテーマにブランドを開拓し、オーシャン事業部とスカイ事業部でもブランド数を増やしたい」と語り、5年後をめどに100億円の売り上げを目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら