ファッション

若年層のスマホ老眼に対応 ビームスと「ジンズ」が初コラボ

 ビームス(BEAMS)は、アイウエアブランド「ジンズ(JINS)」に別注したリーディンググラスを10月に自社のオンラインショップで発売する。“屋外で読書やスマホを楽しむためのリーディング・サングラス”がテーマ。「ジンズ」が世界のトップクリエイターと協業した「ジンズ デザインプロジェクト」の第1弾で発表したイギリスのプロダクトデザイナー、ジャスパー・モリソン(Jasper Morrison)デザインのフレームを使用している。価格は8000円で、実店舗でも販売予定。

 ビームスの担当者は「現代的なストレスの中で、昨今は若い人たちにスマホ老眼が増えており、老眼鏡は中高年だけのものではなくなってきている。しかし、若い人向けのリーディンググラスはほぼ皆無。初めての人にも抵抗なく使えるリーディンググラスのエントリーモデルであり、オーセンティックなデザインだ」と商品開発の背景を話した。

 また、初のコラボレーションとなる「ジンズ」については、「低価格ながらクオリティーが良く、眼鏡の製造から販売までの流通を本質的に大きく変えた。非常にアバンギャルドでベンチャー的でカッコいい会社だと思っていた。多店舗展開ながらけっして量販店ではなく、ブランド力の高さをキープしている点は、共通する部分もある。このコラボにより、ただファッションを販売するだけでなく、何か世の中を変える力がある新しい商品や提案が生まれるのではと思った」と両社の接点を語る。

 近年のデジタル化の中で、文字にピントを合わせづらくなる老眼が若年層にも増えており、従来ネガティブなイメージがあったリーディンググラスに対して、機能性だけでなくファッション性を求めるニーズが高まっている。「ジンズ」は昨年10月、元ピチカート・ファイヴの野宮真貴プロデュースによる「美人リーディンググラス」を発売している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら