ニュース

オードリー・ヘプバーンが愛した「ジバンシイ ランテルディ」がリニューアル

 「ジバンシイ(GIVENCHY)」は1957年に発売した香水「ランテルディ オーデパルファム」を刷新して、9月15日に発売する。サイズは35mL(9000円)、50mL(1万1000円)の2タイプ。

 新たな香りは現代のフェミニニティを表現し、エレガントかつ大胆な香りに生まれ変わった。オレンジフラワーやジャスミン、チュベローズのピュアなホワイトフラワーの香りと、ベチバーやパチョリといったダークな香りのブレンドを楽しめる。

 フランス語で“禁止”を意味する「ランテルディ」はブランド初期に創業デザイナーのユベール・ド・ジバンシィ(Hubert De Givenchy)が親友でありブランドミューズだったオードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)に贈った香水で、その香りを気に入ったオードリーが「私以外は使ってはだめ」と言ったというエピソードから名付けられた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら