ファッション

6億円分の高級時計を売る東武池袋のイベントが開幕!

 東武百貨店池袋店は、年に1度の時計イベント「2018 東武ワールドウォッチフェア」を23日から28日まで開催している。2001年にスタートし今年で18回目を迎えるイベントで、国内外から41ブランドを集め、売り上げ目標として前年比7%増の6億円を掲げる。

 今年のテーマは“私がキラメク腕時計~腕時計を着替えよう~”。簡単なストラップ交換で服を着替えるように楽しめる「ピアジェ(PIAGET)」の“ポセション”(150万円)や、ムーブメントが見えるスケルトンダイヤルの「ジャケ・ドロー(JAQUET DROZ)」の“グラン・セコンド スケルトン”(366万円)、鮮やかなカラーダイヤルが目を引く「ウブロ(HUBLOT)」の“クラシック・フュージョン チタニウム ダイヤモンド ブレスレット”(113万円)などを販売する。

 会期中はカルロ インターナショナル社長でファッション評論家の黒部和夫、ハースト・メンズ・メディア・ブランド・アンバサダー兼「ナノ・ユニバース(NANO UNIVERSE)」メンズ・ディレクターの戸賀敬城、作家・作詞家・編集者の松山猛らによるトークショーや、「フランク ミュラー(FRANCK MULLER)」のダイヤル受注会、シチズン時計の世界最薄の光発電時計「エコ・ドライブ ワン(ECO-DRIVE ONE)」や「グランドセイコー(GRAND SEIKO)」の“メカニカルハイビート36000”の組み立て実演などを行う。

 東武百貨店池袋店の岩渕由希子リビング・宝飾・特選部 ショップ管理課 マネジャー
は「ブランド数を5つ増やした一方で、ブランドごとのブースはゆったり設計している。それぞれの世界を堪能してほしい」とコメントした。会場は約1500平方メートルの8階催事場と6階時計サロンの2つで構成される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら