ファッション

楽園イビサで描く時計のある生活 「ピアジェ」はカラフル動画で新客開拓

 「WWD JAPAN.com」は5月19~25日、21日発売のファッション週刊紙「WWDジャパン」時計特集内の記事「時計を売るのに!?時計がほとんど登場しない動画続々」と連動し、紙面で紹介した時計・宝飾ブランドの最新動画について、フルバージョンのムービーを含む詳報記事をアップする。

 「ピアジェ(PIAGET)」は、コンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)グループにとって初の女性最高経営責任者としてシャピー・ノウリ(Chabi Nouri)を迎えて以来、野心的に新規顧客、特に若い男女を獲得しようと改革を進めている。

 時計においても、まず商品面では、メンズ・レディスの双方でステンレススチールの時計を発売し、従来100万円以上だったエントリープライスをダウン。特にレディスの“ポセション”は、外周のリングがクルクル回るラインの特徴はそのまま、合計13個のダイヤモンドを入れながら42万円と値ごろ感が強い。別売りのアリゲーターストラップもブルーやグリーンなど色鮮やか。若い女性にもリーチできそうだ。

 この世界観を表現するため、「ピアジェ」はイメージ動画も大刷新した。舞台は青い海に太陽が降り注ぐ南の楽園、イビサ。モデルのドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)演じる、パートナーとのバカンスを楽しむ女性が主人公だ。髪をかき上げる彼女の腕には、“ポセション”のブレスレット。そしてプールから上がってくるパートナーの腕には、メンズの“ピアジェ ポロ S”。彼女は、夜のパーティーでは時計を“ピアジェ ライムライト・ガラ”に付け替え、その腕をパートナーの背中に回す。時計や宝飾を前面に押し出すことはせず、あくまで時計とアクセサリーに囲まれる生活をメモリアルな景色、そして色鮮やかな貴石のジュエリーで表現した。


最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら