ファッション

独EC大手のザランドが実店舗オープン ビューティに特化

 ドイツ発のファッションEC企業、ザランド(ZALANDO)は7月28日、ビューティに特化した初のコンセプトストア、ザランド ビューティ ステーション(ZALANDO BEAUTY STATION)をベルリン中心部のミッテ地区にオープンした。同店は、ドイツ国内に4つあるアウトレットを除き、定価製品を扱う初の実店舗になる。約160平方メートルの店内では、スキンケアとメイクアップを中心に、ボディーケア、ヘアケア、フレグランス、マニキュアなど幅広いアイテムを取りそろえる。

 同店で現在扱っているのは、53ブランド。入口付近でポップアップイベントを行っている「M・A・C」をはじめ、「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」「クリニーク(CLINIIQUE)」といったエスティ ローダー グループ傘下のビッグブランドは、今回の出店を機にザランドのECサイトでの販売もスタートした。加えて、世界各地のよりニッチなブランドを数多くそろえているのが特徴だ。

 ラインアップは、韓国の「ビレッジ イレブン ファクトリー(VILLAGE 11 FACTORY)」や「ベリサム(BERRISOM)」、英「ピクシー(PIXI)」、アイルランドの「ペストル&モルタル(PESTLE & MORTAR)」、ノルウェーの「スプレーケンフース(SPREKENHUS)」など。スウェーデンの「ラ・ブルケット(L:A BRUKET)」や独「アイ ウォント ユー ネイキッド(I WANT YOU NAKED)」といったオーガニックやナチュラル系のブランドも多く、アイスランドの「バイオエフェクト(BIOEFFECT)」や英「ロディアル(RODIAL)」などのプレミアムブランドも扱う。ただし、クラウディア・レス(Claudia Reth)=カテゴリ・ スペシャルティーズ(プレミアム、ビューティ、キッズ)担当バイス・プレジデントは「店内で取り扱う製品は、頻繁に入れ替える予定」だと話す。

 ロケーションは、感度の高い若者に人気のヴァインマイスター通り(WEINMEISTERSTRASSE)。近隣には多くのファッションやビューティブランドの店をはじめ、レストランやカフェが軒を連ね、左隣には「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」が店舗を構える。白とグレーを基調にした店内は、無機質でミニマルなデザインが印象的。什器の大半は可動式で、ポップアップイベントなどに対応できるようになっている。全身が映るほどの大きな鏡があるのも、ファッションを専門とするザランドらしいポイントだ。

 また、製品が際立つように並べられたディスプレーにはブランドや製品の情報がなく、それぞれのブランドの横に置かれたコードをスマートフォンでスキャンすることで、詳しい情報にアクセスするようになっている。さらに、店内には大きな洗面台やテーブルを備えるとともに、大半のアイテムのテスターを用意。「試してから買いたい」というニーズに応える他、メイクレッスンやタッチアップなどのさまざまなサービスを提供していく。

 同社は今年3月末、ECサイト「ザランド」でビューティカテゴリーをローンチし、現在150ブランドの約5000品種を取り扱っている。約4カ月の成果について、レス=バイス・プレジデントは「われわれの売れ筋製品が他社に比べ、よりトレンドフォーカスもしくはニッチであることは、大きなサプライズだった。最初から正しい方向に進んでいるのは良い兆候だ」とコメント。

 また、サイトでのビューティ製品購入の70%は、ファッションアイテムと合わせての購入だという。その要因の一つとして、インフルエンサーを起用して取扱製品をコーディネートで紹介するコンテンツ「GET THE LOOK」に、ビューティ製品も導入したことが挙げられ、「一つの場所でまとめて購入できることが支持されている」という。一方、ザランド ビューティ ステーションでは、対面による製品の販売とサービスを合わせることで、顧客との新しい関係性構築を目指す。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら