ファッション

「ターク」がニューヨークメンズで19年春夏コレクション披露 海外拡販に手応え

 森川拓野のメンズブランド「ターク(TAAKK)」は、7月9日にニューヨーク・メンズ・ファッション・ウイーク(以下、ニューヨークメンズ)で2019年春夏シーズンのコレクションをインスタレーション形式で発表した。生地を溶かすオパール加工を部分的に施して中が透けて見えるカットソーや、森川デザイナーが自身のアトリエから見た夕日を表現した色彩豊かなプリントなど、ユニークなアイデアを持ち前のテクニックで具現化した等身大のカジュアルウエアを披露した。

 17年の東京ファッションアワード受賞を機に17-18年秋冬シーズンからパリとニューヨークで、19年春夏シーズンからはロンドンでも展示会を開催し、ニューヨークメンズのショーは2回目となる。現在の卸先は国内の30店舗に加え、アメリカのオープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)やイギリスのセルフリッジ(SELFRIDGES)など海外の有力店でも取り扱われており、海外への拡販に手応えを感じている。「東京ファッションアワードを受賞してパリで展示会を開き、さまざまな人と出会うことができた。その縁がきっかけでニューヨークでもコレクションを発表できている。アメリカはパリよりもスケジュールにゆとりがあるので、来てくれた人がゆっくり服を見てくれる。ブランドの強みであるテキスタイルをアピールしやすい」と森川デザイナーは語る。

 今後はヨーロッパとアジアへの拡販をさらに強化していきたいという。「海外で発表を続けるうちに、自分の色が出たアイテムの方が評価されることがわかってきた。それらがもっと際立つように、メリハリをつけたコレクションの構成にしていきたい。ニューヨークメンズのショーもビジネスや人との出会いにつながっているので、継続したい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。