ファッション

松坂屋最後の創業家社長 伊藤次郎左衛門祐洋氏が死去

 松坂屋(現大丸松坂屋百貨店)の創業家出身で元社長の伊藤次郎左衛門祐洋(いとう・じろざえもんすけひろ)氏が7月2日、名古屋市内の病院で死去した。85歳だった。密葬の儀は近親者で執り行われた。後日、伊藤家とJ.フロント リテイリング、大丸松坂屋百貨店によるお別れの会が開かれる。

 1611年に松坂屋を興した伊藤家の17代目当主。1958年に松坂屋に入社し、取締役、副社長などを経て80年に社長に就任した。81年には旗艦店である名古屋店を売上高1000億円の大台に乗せるなど、手腕を発揮した。だが、85年には経営権を巡る社内対立の激化から、伊藤氏が会長に退き、大番頭だった故鈴木正雄氏が社長に就く事態になった。事実上のクーデターで、名門百貨店のお家騒動と当時大きな話題になった。その結果、伊藤氏は創業家最後のトップとなった。

 その後、松坂屋の経営に深く関与することはなくなり、91年に名誉会長に退き、2001年には取締役も外れた。晩年は自宅で病気療養を続けていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。