ビジネス

「ディズニー」「カルバン・クライン」などの北米におけるライセンス事業を米アパレル企業が約1500億円で買収

 「ハドソン(HUDSON)」「ロバート グラハム(ROBERT GRAHAM)」「スウィムズ(SWIMS)」などのブランドを運営するディファレンシャル ブランズ グループ(DIFFERENTIAL BRANDS GROUP以下、DBG)が、香港の大手繊維商社のリー&フォン(LI & FUNG、利豊貿易)などを傘下に持つフォン・グループ(FUNG GROUP)子会社のグローバル ブランズ グループ ホールディング(GLOBAL BRANDS GROUP HOLDING以下、GBG)の北米におけるライセンスビジネスを13億8000万ドル(約1504億円)で買収した。

 この買収によりDBGは、GBGが所有していた「ディズニー(DISNEY)」「スターウォーズ(STAR WARS)」「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「マイケル・コース(MICHAEL KORS)」「アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)」「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」「ビーシービージーマックスアズリア(BCBGMAXAZRIA)」「ベベ(BEBE)」「ジョーズ(JOE’S)」「バッファロー デヴィッド ビトン(BUFFALO DAVID BITTON)」「フライ(FRYE)」「コール ハーン(COLE HAAN)」「ケネス コール(KENNETH COLE)」のライセンスビジネスを獲得し、年間売上高は23億ドル(約2507億円)以上を見込む。

 GBGのブルース・ロッコウィッツ(Bruce Rockowitz)最高経営責任者兼副会長は「株主価値を高めるためにグループ戦略の見直しを行い、高い価値を持つ事業の一部を売却することを決断した。この取引により、GBGのバランスシートは大幅に改善され、組織をスリム化できるとともに、将来の成長を見据えて基盤がまだあまり確立されていない事業​​に重点を置くことができる」とコメントした。

 GBGはヨーロッパおよびアジアのライセンスビジネスは引き続き所有し、米国でのビジネスはフットウエアと残りのファッションビジネスに注力するという。GBGは「コーチ(COACH)」を持つタペストリー(TAPESTRY)が自社内生産に移行した関係で、「コーチ」のシューズのライセンス事業を2017年6月に失ったことで多大な打撃を受けていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら