ビジネス

「ナインウエスト」売却先決定 1兆円企業を目指すブランドマネジメント企業傘下へ

 日本の民事再生法にあたる連邦破産法第11章の適用を申請していたナイン・ウエスト・ホールディングス(NINE WEST HOLDINGS)がシューズブランド「ナインウエスト」と「バンドリーノ(BANDOLINO)」、ハンドバッグ事業を、ブランドマネジメント企業のオーセンティック・ブランズ・グループ(AUTHENTIC BRANDS GROUP以下、ABG)に3億4000万ドル(約370億円)で売却した。
 
 ナイン・ウエスト・ホールディングスは4月、連邦破産法第11章の適用を米ニューヨーク・マンハッタンの裁判所に申請。オークション形式で事業の売却を行ったところ、ABGが当初予定していた売却先よりも1億4000万ドル(152億円)高い額を提示し、勝ち取った。

 ABGは3月にもVFコープ(VF CORP.)から米アパレルブランド「ノーティカ(NAUTICA)」を買収しており、「ジューシー クチュール(JUICY COUTURE)」「エアロポステール(AEROPOSTALE)」「スパイダー(SPYDER)」「エアウォーク(AIRWALK)」などのファッション、アクティブウエア、シューズブランドを多く抱える。同社は小売りの売上高について、2019年には80億ドル(約8720億円)、20年には100億ドル(約1兆900億円)達成を目指しており、さらに今年中に2ブランドの買収完了をもくろみ、現在10億ドル(約1090億円)規模の6ブランドを検討しているという。

 ニック・ウッドハウス(Nick Woodhouse)ABG社長兼チーフ・マーケティング・オフィサーは、「今回の買収によって当社はフットウエアとアクセサリービジネスの小売り売上高で20億ドル(約2180億円)増を見込んでおり、当社の企業価値は80億ドル(約8720億円)まで高まるだろう」とコメントした。

 ナイン・ウエスト・ホールディングスは今後、ワン・ジーンズウエア・グループ(ONE JEANSWEAR GROUP)や「アン・クライン(ANN KLEIN)」などをはじめとする利益を生むビジネスに集中する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら