ビジネス

香港の大手商社リー&フォンが事業再編 655億円を“デジタル・サプライチェーン”計画に投資

 香港の大手商社リー&フォン(LI & FUNG)は12月14日、家具、セーターおよびビューティ事業を切り離すことで11億ドル(約1243億円)を調達する計画を発表した。

 切り離す3事業に関する株式の45%ずつを投資会社ホーニー キャピタル(HONY CAPITAL)と親会社で持株会社のフォン ホールディングス 1937(FUNG HOLDINGS 1937)が、残りの10%をフォン インベストメンツ リミテッド(FUNG INVESTMENTS LIMITED)が取得する。フォン ホールディングス1937とフォン インベストメンツ リミテッドはリー&フォンと同じグループに属する企業だ。

 事業の切り離しは2018年前半には完了する見込みで、既存の株主には5億2000万ドル(約587億円)を現金で支払い、残りの5億8000万ドル(約655億円)はリー&フォンに返還される。この件で6億1000万ドル(約689億円)の損失が発生するが、将来的なキャッシュフローや経営状況に影響はないとみている。

 スペンサー・フォン(Spencer Fung)=リー&フォン最高経営責任者は「戦略的に事業を切り離すことで主要事業に集中することができ、財務の強化につながる。今回調達する5億8000万ドル(約655億円)は、当社が3年かけて実現を目指す“デジタル・サプライチェーン”計画に充てる。これまでになかったサプライチェーンを構築することをとても楽しみにしている」と語った。“デジタル・サプライチェーン”計画とは、コスト重視だった既存のサプライチェーンをスピード重視にシフトして、全てをデジタル化するというもの。これに伴い、これまでは実際に製作していたサンプルを廃止し、デジタル上でサンプルの確認ができるようになるという。同社では、17年3月時点でサプライチェーンの50~60%がデジタル化されている。

 切り離しを決めた3事業の17年9月期決算時の売上高は18億7000万ドル(約2113億円)で営業利益は8900万ドル(約100億円)だった。16年9月期決算の営業利益が9200万ドル(約103億円)、15年9月期が1億300万ドル(約116億円)だったことをみると、3事業は年々低迷していることが分かる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。