ファッション

「ダブレット」の井野将之が2018年「LVMHプライズ」グランプリに

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)が若手を支援するために創設した「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」の2018年のグランプリに、「ダブレット(DOUBLET)」を手掛ける井野将之デザイナーが選ばれた。井野デザイナーは賞金30万ユーロ(約3840万円)を獲得し、LVMHのエキスパートから1年間の指導を受ける。特別賞には韓国ブランド「ロック(ROKH)」のロック・ファン(Rok Hwang)が選ばれた。

 グランプリのプレゼンターを務めたのは女優のエマ・ストーン(Emma Stone)。井野デザイナーはトロフィーを受け取り、「このような栄誉ある賞を獲得でき、まことに光栄です」と日本語で語った。同氏はファイナリストに選出された時に「私はチャレンジャーです。次の審査で落ちても失うものはありません。精一杯挑戦してきます」と意気込みを語っていた。

 2018年のファイナリストには、「エコーズ ラッタ(ECKHAUS LATTA)」のゾーイ・ラッタ(Zoe Latta)とマイク・エコーズ(Mike Eckhaus)、「ア コールド ウォール(A-COLD-WALL)」のサミュエル・ロス(Samuel Ross)、「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ(CHARLES JEFFREY LOVERBOY)」のチャールズ・ジェフリー、「マシュー アダムス ドーラン(MATTHEW ADAMS DOLAN)」のマシュー・アダムス・ドーラン、「カイダン・エディションズ(KWAIDAN EDITIONS)」のハン・ラー(Hung La)とレア・ディックリー(Lea Dickely)、「ボッター(BOTTER)」のルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)、元「バルマン(BALMAIN)」デザイナーで1年前にブランドを立ち上げた「ルドヴィック デ サン サーナン(LUDOVIC DE SAINT SERNIN)」のルドヴィック・デ・サン・サーナンが選ばれていた。同プライズは今年で5回目の開催で、90カ国から1300組の応募があった。

 授賞式は6月6日、LVMHのフォンダシオン ルイ・ヴィトンで行われた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。