ファッション

「ダブレット」の井野将之が2018年「LVMHプライズ」グランプリに

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)が若手を支援するために創設した「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」の2018年のグランプリに、「ダブレット(DOUBLET)」を手掛ける井野将之デザイナーが選ばれた。井野デザイナーは賞金30万ユーロ(約3840万円)を獲得し、LVMHのエキスパートから1年間の指導を受ける。特別賞には韓国ブランド「ロック(ROKH)」のロック・ファン(Rok Hwang)が選ばれた。

 グランプリのプレゼンターを務めたのは女優のエマ・ストーン(Emma Stone)。井野デザイナーはトロフィーを受け取り、「このような栄誉ある賞を獲得でき、まことに光栄です」と日本語で語った。同氏はファイナリストに選出された時に「私はチャレンジャーです。次の審査で落ちても失うものはありません。精一杯挑戦してきます」と意気込みを語っていた。

 2018年のファイナリストには、「エコーズ ラッタ(ECKHAUS LATTA)」のゾーイ・ラッタ(Zoe Latta)とマイク・エコーズ(Mike Eckhaus)、「ア コールド ウォール(A-COLD-WALL)」のサミュエル・ロス(Samuel Ross)、「チャールズ ジェフリー ラバーボーイ(CHARLES JEFFREY LOVERBOY)」のチャールズ・ジェフリー、「マシュー アダムス ドーラン(MATTHEW ADAMS DOLAN)」のマシュー・アダムス・ドーラン、「カイダン・エディションズ(KWAIDAN EDITIONS)」のハン・ラー(Hung La)とレア・ディックリー(Lea Dickely)、「ボッター(BOTTER)」のルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)、元「バルマン(BALMAIN)」デザイナーで1年前にブランドを立ち上げた「ルドヴィック デ サン サーナン(LUDOVIC DE SAINT SERNIN)」のルドヴィック・デ・サン・サーナンが選ばれていた。同プライズは今年で5回目の開催で、90カ国から1300組の応募があった。

 授賞式は6月6日、LVMHのフォンダシオン ルイ・ヴィトンで行われた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら