ファッション

「マウジー」3年ぶりのオリジナル水着を発売 日焼けも防げるアンサンブルビキニが人気

 バロックジャパンリミテッドの「マウジー(MOUSSY)」が3年ぶりにオリジナル水着を発売した。商品は、1950年代の洋服にインスピレーションを得た“スイム キャミ セットアップ”と“ルーシュド スイムスーツ”(各9980円)、“アンサンブル ビキニ”(1万4800円)の3型がそろう。

 “スイム キャミ セットアップ”は、大きめのドット柄ブラトップとハイウエストショーツ。ショーツはリバーシブルで、ブラと同じドット柄と無地を着回せる。トップスは細いストラップなので、ウエア感覚で着用できる。フロントのギャザーをポイントにした“ルーシュド スイムスーツ”は、無地のワンピースタイプ。バックは一部肌見せをし、ヘルシーな印象に仕上げている。“アンサンブル ビキニ”は、白いパイピングとカラーボタンをポイントにしたデザインで、ビキニと同じ素材のジャケットをセットにした。ジーンズと合わせたスタイルを提案するなど、水場以外でも着用でき、日焼け防止にもなると人気を集めている。

 「マウジー」国内全店舗と自社複合ショップ「シェルター(SHEL’TTER)」、自社ECサイト「シェルター ウェブストア」で販売中だが、「シェルター ウェブストア(SHEL'TTER WEB STORE)」では5月17日の発売翌日から完売商品が出ている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら