ファッション

X JAPANのYOSHIKIが語る“7人”で挑んだ「コーチェラ」初舞台 「2人の魂だけでなく“姿”も連れて来たかった」

 X JAPANが4月13~15日と20~22日に分けてカリフォルニア州インディオで開催された「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival以下、コーチェラ)」の2日目にあたる14日と21日に出演した。

 同日はビヨンセ(Beyonce)がヘッドライナーを務め、X JAPANは同時刻に別ステージでトリとして登場。スペシャルゲストとして、ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N' Roses)のリチャード・フォータス(Richard Fortus)とリンプ・ビズキット(LIMP BIZKIT)のウェス・ボーランド(Wes Borland)という豪華ギタリスト2人の他、21日には「コーチェラ」に出入り禁止になっていたマリリン・マンソン(Marilyn Manson)を迎え、2週続けて圧巻のパフォーマンスを披露した。

 代表曲「X」の演奏時には1998年と2011年にそれぞれ死去したHIDEとTAIJIの2人のメンバーの姿がホログラムで映し出され、まるで“7人”で演奏しているかのような演出に会場は歓喜した。この演出についてYOSHIKIは「今のメンバーは5人だが、HIDEとTAIJIの2人(の魂)といつも一緒に演奏してきた。でも『コーチェラ』の舞台には2人の魂だけでなく、その“姿”も連れてきたかった」と、米「WWD」の取材で胸の内を明かし、「世界に出て行くのが私たちの夢だった。日本の外、アジアの外へ。でも20年前にその夢は閉ざされたと思っていた」と大成功に終わった初舞台を振り返った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら