ファッション

YOSHIKIの着物ブランド、伊勢丹新宿本店で発売

 伊勢丹新宿本店は12月26~31日まで、X JAPANのヨシキ(YOSHIKI)による着物ブランド「ヨシキモノ(YOSHIKIMONO)」の期間限定店を本館1階=ザ・ステージにオープンしている。10月のファッションショーで披露した新作を販売。初日の26日にはヨシキが来店し、商品への想いを語った。

 実家が呉服屋のYOSHIKIは、「僕がミュージシャンになってしまったため、家業を継げなかったことが心残りだった。LAに20年以上住む今は、日本文化のよさを改めて感じている。音楽で、クラシックからロックの道に入ったのと同じような感覚で、『ヨシキモノ』で伝統的な着物に革新を起こしたい」と話す。

 自身のクリエイションについては「2度目のファッションショーでは伝統と革新の両軸で提案できた。賛否両論は覚悟しているが、さまざまな人からアドバイスを受けて、今後もデザインを続けたい」と語った。

 着物の中心価格帯は45万円だが、手に取りやすい価格のTシャツ(4500円)や風呂敷(4000円)などの小物もそろえる。ブランドの商品が実際販売されるのは、これが初めて。店頭にはヨシキの直筆サインと、ドラムが漆染めと金彩で描かれた帯を展示販売している(価格は未定)。

 「ヨシキモノ」は、京都の老舗織物メーカーのスコープココとの協業で11年3月にデビュー。昨年東京コレクションに初参加した。

【関連ルック】
「ヨシキモノ」2017年春夏コレクション

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら