ニュース

そごう・西武が婦人カジュアルに特化したオーダー・カスタマイズ売り場開設

 そごう・西武は、婦人カジュアル衣料に特化し、デジタル技術を活用したオーダー・カスタマイズ売り場を開設する。まずは4月26日に西武池袋本店、28日にそごう千葉店ジュンヌにオープンし、18年度中にそごう横浜店、大宮店、広島店、西武所沢店に拡大する。2019年度の売り上げは6店舗合計で7億円を目指す。

 売り場は、無縫製で編み立てる島精機のホールガーメントを用いたニットオーダー、ホープインターナショナルワークスが展開するリフォーム、リメークのオープン型工房の他、シャツ、パンツ、アクセサリーのオーダー、ナチュラルクリーニングまで受け付ける。さらに、デザイン、型紙から作る完全オーダー(婦人・紳士)も行う。

 ホールガーメントでは、体に沿う美しいフォルムのニットを提供する。スタート段階では納品まで3週間程度を要するが、本格稼働の6月以降は1週間まで短縮する予定で、価格帯は2万円前後となる。採寸にはIoTメジャーを導入して、計測データは顧客同意の下、同店ショップ間で共有。将来的には他店で購入の際にも利用できるよう、スマホアプリの開発を計画中だ。リフォームでは、縫製技術を持つデザイナーが接客から縫製までを担うことで質の高いサービスを提供する。

 なお千葉店ジュンヌでは、ホープインターナショナルワークスが手掛ける「サロン・ド・リデザイン・クローゼット」として6月下旬からニット編み機、クリーニング機械も導入したガラス張りのオープン工房を開設。加えてカフェも併設し、モノ作りを眺めながら豆にもこだわったコーヒーを楽しむことができる。実店舗ならではの、自分仕様、フィット感といった特別感を提供し、今後は、編み機の運転を体験できるアミューズメントやワークショップも予定する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら