ファッション

ヴィレヴァンが年内にも萌えキャラAI販売員を導入へ

 ヴィレッジヴァンガードは早ければ年内にも、AI(人工知能)を搭載したバーチャル販売員を渋谷本店に登場させる。すでに渋谷本店にはサイネージに2次元の萌えキャラが登場する大型什器を設置し、テスト導入をしていたが、画像分析や会話分析を行うAIとは接続していなかった。AIの完成後はカメラやマイクと接続し、お客の表情や会話を分析し、ヴィレヴァンらしい接客を行いながら、裏側では在庫管理などを行う。

 バーチャル販売員の名前は、「渋谷めぐる」ちゃん。AIはAI開発会社のモノゴコロと組み、開発を進めている。モノゴコロの松田裕幸リサーチエンジニアは「目指しているのは、お客の顔つきなどから、聞かれてもいないのにちょっとエッチな本を紹介したり、マニアックなおもちゃを案内したりするような、ヴィレヴァンらしい雑談ができてしまうAIだ」という。同社は2次元の萌えキャラにすることで、サイネージやスマホ、モニターなどさまざまな媒体に映しやすく、低コストでかつ親しみやすいAIの“接客ロボット”の開発を目指す。

 ヴィレッジヴァンガードの姫野文信・事業開発部長は「表側では接客だが、裏側では商品管理やMD、新商品開発に繋がるニーズの把握なども開発のテーマ。完成すればヴィレヴァンの店舗だけでなく、他の小売り店舗にも提供したい」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら