ビジネス

米コンデナスト、「W」などさらなる紙媒体の休刊のウワサを否定

 「ヴォーグ(VOGUE)」「GQ」「ワイアード(WIRED)」などを擁する米コンデナスト(CONDENAST)の2019年第2期の予算とビジネス計画が決定された。そんな中、紙版の「W」と「ブライズ(Brides)」の予算を2018年内に削減するという草案の社内メモを発見したと情報筋が報告している。しかし、コンデナストのスポークスウーマンはこのウワサを否定。「どちらの雑誌も変更を加える予定はない」と強調した。

 「W」と「ブライズ」は最近大幅なデザイン変更をしたばかり。「W」は17年12月から発行回数を年10回から8回にした他、ラグジュアリー雑誌としてのポジションを確立すべく、販売価格を9.99ドル(約1060円)に値上げした。

 コンデナストは「セルフ(SELF)」をデジタル版オンリーにした他、17年秋に「ティーン ヴォーグ(teen VOGUE)」の紙版を廃止している。組織再編も進めており、元CNNのサマンサ・バリー(Samantha Barry)がデジタルでの経験を買われて「グラマー(GLAMOUR)」の編集長に就任している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら