ファッション

松本恵奈が古巣に復帰 新デジタルプラットフォームのキュレーターに

 バロックジャパンリミテッドは、新プラットフォーム「スタイルミキサー(STYLEMIXER)」を立ち上げる。“I STYLE MYSELF”をコンセプトに、オリジナル商品やコラボアイテム、海外で買い付けた一点物、ビンテージなど、あらゆるテイストの顧客が「今ほしい!」と思う商品を提供する。全体の商品の平均単価は3900円。海外ビンテージ商品含め、“買いやすい”価格設定を大きなポイントとする。

 キュレーターとして、「クラネ(CLANE)」クリエイティブ・ディレクター、松本恵奈を起用し、オリジナルのデザインから商品のバイイングまでを手掛ける。今回の起用は、「リエンダ(RIENDA)」心斎橋店の店長を務めていた元バロック社員という縁もあり、実現したという。

 4月1日に先行予約を開始し、20日から販売開始する。まずはECサイトを立ち上げた後、ポップアップショップや海外でのローンチも視野に入れ、松本以外のインフルエンサーなども起用したコラボレーションやコンテンツ作りにも力を入れていくという。 バロックが他ブランドを本格的に取り扱うのは今回が初めて。既存ブランドの販売はしない。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら