ファッション

ウォルマートがトップモデル、ココ・ロシャとEC専売のコスメブランドをスタート

 ウォルマート・ストアーズ(WALMART STORES INC.以下、ウォルマート)は、トップモデルのココ・ロシャ(COCO ROCHA)とコラボしたECサイト専門の新コスメブランド「コ スクエアード(CO SQUARED)」を立ち上げる。ココは商品開発からパッケージデザインまで深く携わる予定だ。ココはモデルだけでなく、2016年に自身のブランドをスタートするなどファッションデザイナーとしても活躍。愛娘の写真が愛らしいインスタグラムアカウントは120万超のフォロワーを抱える。

 あらゆる顔を持つ女性の日常生活をコンセプトに、プライマーやカラーコレクターなどをそろえる。価格帯は明らかになっていないが、ウォルマートの公式ECサイトで販売される。

 また、ウォルマートは3月1日にウィメンズブランド「タイム アンド スルー(TIME AND TRU)」、プラスサイズブランド「テラ & スカイ(TERRA & SKY)」、キッズブランド「ワンダーネーション(WONDER NATION)」の3つのアパレルブランドを発売する。加えて、英国人デザイナー、ジョージ・デイビーズ(George Davies)が1990年代に手掛けていた「ジョージ(GEORGE)」もメンズ限定で復活させる。これらのブランドの商品のクオリティーはウォルマートの既存ブランド「ジャスト(JUST)」よりも向上させ、同時に価格帯も約5〜30ドル(約530〜3180円)に引き上げる。

 一方、アマゾン(AMAZON)は40以上のプライベートブランドを抱え、ターゲット(TARGET)もこの1年半で、アパレルとホームブランド、十数ブランドを立ち上げている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら