ビジネス

三越日本橋本店の5階に自然派化粧品ゾーン誕生

 三越日本橋本店は2月21日、自然派化粧品を中心に扱う化粧品ゾーン「リラクシング ラボラトリー(RELAXING LABORATORY)」を5階にオープンした。健康と美容をサポートする約50ブランドを展開する他、「アクセーヌ(ACSEINE)」「ハーバー(HABA)」など日本発6ブランドを1階から移設した。

 「リラクシング ラボラトリー」は、5階のイベントスペースを転用。「リビングフロアの香りアイテムから、スムーズな動線になるように自主編集でボディーケア、フェイスケア、ヘアケア、日本発ブランドを並べた」と、弓下智美・三越日本橋本店 リビング・IDS営業部 寝具、バス・トイレタリー、N & O アシスタントセールスマネージャー。コンセプトは“癒し、美容、健康”。「お客さまから、自然派の商品を使用したいという声が高まってきた」ことから、自然派化粧品を主軸に展開する。ターゲットは30代後半~50代。

 商品構成比はボディーケア15%、フェイスケア30%、ヘアケア40%、1階から移設の6ブランド15%。「バンフォード(BAMFORD)」「アッカカッパ(ACCA KAPPA)」「ウカ(UKA)」「ジュリーク(JURLIQUE)」など約50ブランドを扱うが、ほぼ全てが1階の化粧品フロアでの取り扱いのないブランドとなる。

 1階からの誘導については、「4月11日に1階に新設されるコスメティックインフォメーションでお客さまの肌悩みに合わせて5階を紹介し、相乗効果を図っていく」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら