ファッション

ゾゾ前澤社長が「フランス芸術文化勲章オフィシエ」を受章

 ファッションEC「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイの前澤友作・社長が「フランス芸術文化勲章オフィシエ」を受章した。自身が会長を務める現代芸術振興財団が2016年に駐日フランス大使公邸で開催した展覧会「the CONSTRUCTOR ジャン・プルーヴェ:組立と解体のデザイン」が評価された。同展では前澤社長が所蔵するデザイナー、ジャン・プルーヴェ(Jean Prouve)の建築・家具コレクションを展示した。

 前澤社長は受章を受けて、「このような素晴らしい勲章をいただき、身にあまる光栄。芸術文化の振興とはつまり、世界を平和にするための活動ともいえるのではないか。これからも芸術文化を愛する一人の熱心なファンとして、そしてその素晴らしさを世界中の皆様にお伝えする紹介者として、引き続き芸術文化に深く関わらせていただきたいと切に思う」とコメントした。叙勲式典は3月6日にフランス・パリのピカソ美術館で開催予定だ。

 同章は1957年に創設。芸術・文学の領域で創造・普及に傑出した功績のあった人物に授与されるもの。日本人では過去に北野武や草間彌生、市川海老蔵、坂本龍一らが受章している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら