ファッション

前澤社長が落札した124億円のバスキアが無料公開、10月末代官山で

 前澤友作スタートトゥデイ社長が5月に落札したジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の作品が一般公開される。代官山ヒルサイドフォーラムで前澤社長が立ち上げた現代芸術振興財団が開催する「CAF (Contemporary Art Foundation) 賞」作品展の特別作品として展示をする。期間は10月31日〜11月5日で、入場は無料。

 会場には約124億円で落札されたことが話題になった「Untitled」(1982)をはじめ、数点を展示。なお、「Untitled」は今後、国外の美術館での展示が決まっているという。前澤社長は自身のツイッターで、「僕が5月に買ったバスキアを日本で初公開することになりました。CAF賞の学生作品とコラボ展示です。10月31日から11月5日まで代官山ヒルサイドフォーラムで入場無料です。是非現物をお近くでご覧ください」とコメントした。

 同作品は前澤社長が5月に競売大手サザビーズ(SOTHEBY’S)の競売会で落札したもの。落札額は1億1050万ドル(約124億円)で、サザビーズによるとバスキア作品としては最高額の落札だったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら