ファッション

約100万円のトップスを披露 「ルシアン ペラフィネ」がバスキアとのコラボ商品を発売

 「ルシアン ペラフィネ(LUCIEN PELLAT FINET)」は1月31日、アメリカ人画家のジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)とのコラボ商品を直営店で発売する。同ブランドがバスキアとコラボするのは2014年7月以降2回目だ。

 今回の商品はインターシャの上質のカシミア素材とコットン素材を使用し、色彩豊かで民族模様をほうふつとさせるバスキア作品をプリントしたトップス全4種類をそろえる。価格はカシミア素材のメンズが98万円、ウィメンズが96万円。コットン素材のメンズが18万円、ウィメンズが17万円。

 バスキアは、自由奔放な色使いと筆触が特徴的な画家で、1980年代のニューヨークのアートシーンを語る上で欠かすことのできないアーティストの一人。88年に27歳の若さで死去したが今もなおアートシーンに影響を与え続けている。2017年5月に前澤友作スタートトゥデイ社長が彼の作品を最高額の約124億で落札したことが話題となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら