ファッション

カルバン・クラインがウォーホル財団と長期提携 ラフは未発表のアート作品まで使用可能に

 PVHコープ(PVH CORP)傘下のカルバン・クライン・インク(CALVIN KLEIN INC.)は、アンディ・ウォーホル美術財団(THE ANDY WARHOL FOUNDATION FOR THE VISUAL ARTS INC.)と長期パートナーシップを2020年まで締結し、アンディ・ウォーホル美術財団に出資する。出資金はコンテンポラリー・ビジュアルアーツの創作や展示、保存をサポートする寄付金に充てられる。その一方でアンディ・ウォーホル美術財団は、未発表のものも含む晩年のアンディ・ウォーホルの作品へのアクセス権をカルバン・クラインに与える。20年以降はカルバン・クラインのブランドポートフォリオを活性化するようなライセンスプロジェクトに発展させる。
 
 アートへの造詣が深いことで知られるラフ・シモンズ(Raf Simons)=チーフ・クリエイティブ・オフィサーは、「ウォーホルの才能はキャッチーなキャンベルのスープ缶だけでなく、それよりもずっと奥深いものだと気づいたんだ。ウォーホルはアメリカの全ての面を捉えている。そのダークサイドもね。ウォーホルのアートは何よりも正確にアメリカの真実を教えてくれるんだ」と語った。

 マイケル・デイトン・ハーマン(Michael Dayton Hermann)=アンディ・ウォーホル美術財団ライセンスディレクターは、「ウォーホルの遺産は、時代を超越するその巨大な影響力にとどまらない。彼が遺した財団は設立以来2億7500万ドル(約300億円)以上の寄付金でコンテンポラリーアート界を支えてきた。ラフはカルバン・クラインでウォーホルの全ての面を活用し、財団の寄付金に貢献するだろう」と話した。

 ラフがカルバン・クラインで初めてウォーホルの作品を取り入れたのは、「アメリカン・クラシック」と題した2017年春夏のアンダーウエアとデニムのキャンペーンビジュアルで、ブランドのアイコニックなアンダーウエアやデニムをアメリカのポップカルチャーのひとつと捉え、ウォーホルの他、ダン・フレイヴィン(Dan Flavin)、リチャード・プリンス(Richard Prince)、スターリング・ルビー(Sterling Ruby)のアート作品の前で「カルバン・クライン」のアンダーウエアやデニムを着用したモデルを撮り下ろした。

 さらに、映画、特に夢の源泉ともいえるハリウッドにインスピレーションを得て、アメリカン・ドリームとともにアメリカン・ナイトメア、つまり悪夢にも関心を向け、人生のダークサイドを表現したという2018年春夏コレクションは、ウォーホルの「Death and Disaster」シリーズの中から、ウォーホルの友人でアートコレクターのサンドラ・ブラント(Sandra Brant)と俳優のデニス・ホッパー(Dennis Hopper)のポートレートや、「Knives」「Electric Chair」「Ambulance Disaster」などのアート作品をスクリーンプリントしたアイテムを披露した。

 ウォーホルはファッション業界との関わりが深く、1970年代には、ニューヨークの伝説的ディスコ、スタジオ54に集まったカルバン・クライン自身を含むニューヨークのデザイナーたちと多くの仕事をしてきた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。