ファッション

「ジル・サンダー」がマリオ・ソレンティとコラボTシャツを製作

 「ジル・サンダー(JIL SANDER)」は、さまざまなアーティストやフォトグラファーとコラボするプロジェクト「Interpretation Project」の第1弾として、ファッション・フォトグラファーのマリオ・ソレンティ(Mario Sorrenti)とコラボし、Tシャツコレクションを発売する。

 夫婦で同ブランドを手掛けるルーシー(Lucie)とルーク・メイヤー(Luke Meier)=クリエイティブ・ディレクターは、ソレンティがスペイン・マヨルカ島のトラムンタナ山脈で「ジル・サンダー」2018春夏コレクションをイメージして撮影した10枚の写真をピックアップ。ユニセックスな白Tシャツに落とし込んだ。なお、トラムンタナ山脈は11年にユネスコ(UNESCO)に世界遺産に登録された。

 このTシャツコレクションはそれぞれ写真がプリントされたボックスに梱包され、価格は4万9000円。4日のパリのセレクトショップ、コレット(COLETTE)での発売を皮切りに、7日に銀座店をはじめとしたドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET以下、ドーバー)の各店舗で3種類のTシャツを、17日にECサイトのエスセンス(SSENCE)、さらに来年1月17日に伊勢丹新宿本店メンズ館1階のプロモーションスペースでドーバーで販売するのとは異なる7種類のTシャツを先行発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。