ファッション

「ジル・サンダー」がマリオ・ソレンティとコラボTシャツを製作

 「ジル・サンダー(JIL SANDER)」は、さまざまなアーティストやフォトグラファーとコラボするプロジェクト「Interpretation Project」の第1弾として、ファッション・フォトグラファーのマリオ・ソレンティ(Mario Sorrenti)とコラボし、Tシャツコレクションを発売する。

 夫婦で同ブランドを手掛けるルーシー(Lucie)とルーク・メイヤー(Luke Meier)=クリエイティブ・ディレクターは、ソレンティがスペイン・マヨルカ島のトラムンタナ山脈で「ジル・サンダー」2018春夏コレクションをイメージして撮影した10枚の写真をピックアップ。ユニセックスな白Tシャツに落とし込んだ。なお、トラムンタナ山脈は11年にユネスコ(UNESCO)に世界遺産に登録された。

 このTシャツコレクションはそれぞれ写真がプリントされたボックスに梱包され、価格は4万9000円。4日のパリのセレクトショップ、コレット(COLETTE)での発売を皮切りに、7日に銀座店をはじめとしたドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET以下、ドーバー)の各店舗で3種類のTシャツを、17日にECサイトのエスセンス(SSENCE)、さらに来年1月17日に伊勢丹新宿本店メンズ館1階のプロモーションスペースでドーバーで販売するのとは異なる7種類のTシャツを先行発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら