ファッション

パリ万博で喝采を浴びた幻の名作が「ミキモト」銀座本店に

 「ミキモト(MIKIMOTO)」は1月25日、新作ジュエリー“矢車(YAGURUMA)”を発売した。今年は、創業者の御木本幸吉が真珠の養殖に世界で初めて成功してから125周年。彼はヨーロッパのジュエラーに負けないジュエリーを作ろうとデザインや技術開発に情熱を注ぎ、1937年のパリ万博で帯留“矢車”を出品した。「ミキモト」は今回この“矢車”をモダンにアレンジしたコレクションを製作。アコヤ真珠やダイヤモンド、クオーツを使用したハイジュエリーから、日常的に着用できるアコヤ真珠とダイヤモンド、七宝を組み合わせたペンダントまでさまざまだ。

 この帯留は、かんざしやブローチ、リングなど12通りにも使用できる画期的なデザイン。当時最盛期だったアール・デコ様式のデザインで、カリブル留めやミル打ちといった緻密な細工が随所に施されている。アコヤ真珠を中心にダイヤモンドやサファイアが放射線状に広がるデザインから“矢車”という名前になった。万博後は「ミキモト」パリ支店で販売されたため“幻の宝飾品”だったが、89年に海外のオークションに出品されて「ミキモト」が買い戻し、約半世紀ぶりに里帰りした。この“矢車”は25日〜2月4日の期間、「ミキモト」銀座4丁目店で特別展示される。貴重なアーカイブピースとハイジュエリーを目にすることのできるまたとない機会だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら