ファッション

「ミキモト」のパールネックレスがニューヨークMoMA「アイテム」展に登場

 「ミキモト(MIKIMOTO)」は2018年1月28日まで、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催中の「アイテム:ファッションはモダンか?(ITEMS: IS FASHION MODERN?)」に出展協力。同展は、過去1世紀に世界に大きな影響を与えた衣服や宝飾品などのファッションアイテム111種類を展示。そのうちの一つとして「ミキモト」のパールネックレスが選ばれた。

 パールネックレスは同ブランドの創業者である御木本幸吉が世界で初めて真珠の養殖に成功したことを象徴するアイテムであり、ジュエリーの歴史を大きく変え、日本を代表する宝飾ブランドとしてさまざまなファッション文化に寄与してきた。同展には「ミキモト」の他、「シャネル(CHANEL)」の“No.5”の香水瓶や「リーバイス(LEVI'S)」の“501”ジーンズなども展示されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら