ビジネス

東レ繊維事業4~9月期、衣料分野で低迷続く

 東レの2017年4~9月期の繊維事業は、売上高が前年同期比5.7%増の4228億円、営業利益が同2.7%増の355億円だった。自動車関連など産業用途の一部で需要が堅調だったものの、衣料用途は引き続き低調に終わった。
 
 全社では売上高が同9.5%増の1兆482億円、営業利益が同2.3%増の780億円、経常利益が同0.9%増の767億円、純利益が同11.0%減の475億円だった。売上高、営業利益、経常利益は上期としては過去最高額を更新した。

 通期(18年3月期)の繊維事業は、売上高9250億円、営業利益750億円を見込む。20年3月期を最終年度とする中期経営計画で掲げる糸綿、テキスタイル、製品の一貫型ビジネスを引き続き推し進めるほか、原価改善にも力を入れる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら