ファッション

東レの新キャンペーンガールは東京都出身の高校3年生

 東レは25日、2018年のキャンペーンガールに17歳の夢乃(ゆめの)を選出した。夢乃は、東京都出身で都内の学校に通う高校3年生。趣味はお神輿担ぎ、特技は応援団の演舞、好きな食べ物は三平汁と、一風変わった嗜好が並ぶ。東レの幼方(うぶかた)聡子・宣伝室長は、「116人の応募の中から選出した。抜群のスタイルを持ち、とにかく明るくものおじしない感じで、最初から目立つ存在だった。今まで芸能活動はほとんどしてこなかったようなので、これから大型新人として売り出すのにふさわしいと考えた」と話した。

 これまでは 「TGCキャンパス」などのファッションショーや、海外のイベントでモデルとしてレッドカーペットを歩くなど、モデル業が多かったという。今後も、「ファッション関連や広告関連の仕事を中心にしていきたい」と話す。東レのキャンペーンガール就任については「身内では母にしか話してなかったんです。驚かせたくて、兄弟にも秘密にしていました。ポスター撮影のときもこっそり家を出たりして」と夢乃。「友だちにも言ってないので、後でLINEがたくさん来ると思います」と笑った。また目標のモデルについて聞かれると、「長谷川潤さんです。すごくナチュラルで、かっこよくて堂々としているところに憧れます」とコメント。今後の抱負については、「事務所から決定の連絡を受けた時は、本当に信じられなくて驚きました。実感がわかなかったけれど、ポスター撮影や今日のような記者発表の場に立たせていただくと、だんだんと実感がわいてきます。東レという大きな会社の顔なので、責任感を持ってやっていきたいです」と語った。

 東レのキャンペーンガールには、過去に山口智子や藤原紀香、菊川怜らが選出されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら