ビジネス

三越伊勢丹HDの4~9月期は営業利益25%増

 三越伊勢丹ホールディングスの2017年4~9月期の連結売上高は、免税売り上げの伸長と株高による国内消費が拡大した大都市店舗を中心に好調に推移し、前年比2.2%増の5952億円だった。経費コントロールを行ったことなどで、営業利益は同25.4%増の76億円、経常利益は同26.0%増の95億円だった。純利益は、店舗閉鎖による損失を計上したことなどで、同99.8%減の1800万円と、前年同期の83億円から大幅に減少した。

 杉江俊彦・社長は、「足元の業績は順調だが未来に向かっていける体質ではない。収益の見込めるリフォーメーション、トランスフォーメーションを組み立てる」と語り、次期3カ年計画を発表した。ステップ1のリフォーメーションでは、「構造改革」と「収益体質」を推進し、20年度までに営業利益350億円を目標とする。その後、ステップ2のトランスフォーメーションで「転換」と「成長」を掲げ、次の成長に必要な利益を確保する。

 なお、18年3月期の通期連結売上高は同0.9%増の1兆2650億円を見込む。設備投資による経費増などから、営業利益は同24.8%減の180億円、経常利益が同27.1%減の200億円、純利益が同33.2%減の100億円を見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら