ビジネス

三越伊勢丹HD17年3月期は営業利益28%減

 三越伊勢丹ホールディングスの2017年3月期決算は、売上高が前期比2.6%減の1兆2534億円、営業利益が同27.7%減の239億円、経常利益が同25.3%減の274億円、純利益が同43.5%減の149億円となり減収減益だった。中核子会社の三越伊勢丹の売上高は同2.8%減の6601億円、営業利益が同34.6%減の159億円だった。

 杉江俊彦・社長は、「基幹店においては、コストコントロールが出来ていなかったことや、多数のプロジェクトの遂行による本業の手薄、さらには一昨年のインバンド売り上げの反動などが大きい。地方店は構造改革が遅れており、中小型はビジネスモデルの確立を待たずに拡大したことにある」と分析した。今後、低空飛行からの脱却を目指し17〜18年度は、百貨店本業の再構築や成長事業の選択と集中を行う。

 18年3月期の売上高は、16年に連結子会社となったソシエ・ワールド、ニッコウトラベルにより、同0.9%増の1兆2650億円を予想する。ただ、構造改革による三越伊勢丹の減収を見込んでいることから、営業利益は同24.8%減の180億円、経常利益は同27.1%減の200億円、純利益は同33.2%減の100億円を見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら