フォーカス

大正パンクからベートーヴェンまで 東コレはココがおもしろい

 10月16日に開幕する「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO以下、AFWT)」では、初参加21ブランドを含む、合計55ブランドがランウエイショーやイベントを行う。若手やベテランデザイナーはショーで何を表現し、企業ブランドはどのようにビジネスへとつなげるのかなど、注目したいポイントはたくさん。「WWDジャパン」は期待する13ブランドに緊急取材を行い、最新コレクションの見どころや意気込みを聞いた。

参加ブランド一覧はコチラ

TIIT TOKYO

岩田翔、滝澤裕史デザイナー

 「2018年春夏シーズンは、架空のリゾート地“PURPLE LAKE”をイメージしたコレクションです。『ティート トウキョウ』が作り出す、リゾート体験のような世界観を楽しんでください」

GROWING PAINS

ユリア・デザイナー

 「服のテーマは大正時代とパンク。ストリートからドレッシーまで、さまざまな要素の融合を楽しんでいただければと思います。場所はずっと憧れていた小笠原伯爵邸です。メイクは『RMK』とコラボレーションし、私とステージアートディレクターのヨルコ バンザイさんがかなり踏み込んでスタッフの方々と作り上げました。大正時代がテーマなので、音楽は日本の新進気鋭アーティストMars89さんが担当し、かなりおもしろい仕上がりになっています。大正時代はかなり前からやってみたかったテーマだったのですが、現在のファッションと融合させるのが難しく、なかなかテーマにできませんでした。しかし仕事で海外に行く機会が多くなるにつれて、改めて日本の文化やファッションって素敵だなと感じる気持ちが強くなってきたので、このテーマに挑戦することにしました。服やヘアメイク、音楽、ロケーション、全てが見どころです」

KEISUKEYOSHIDA

吉田圭佑デザイナー

 「1970年代の自由な心と人のあり方をテーマにしています。テストの前に、テスト勉強をしないで掃除を頑張ってしまうような自由さと軽さを、コレクションで表現できればと思っています。ブランドを始めて6シーズン目で、初のカットソーにも挑戦しました。いつもと違う一面を見せられたら嬉しいです」

AKIKOAOKI

青木明子デザイナー

 「有機物と人工物の融合、西洋の宗教画に着想しています。見どころはファブリックの平面的な色合いと3Dの質感、永遠にリピートされるような音です。ショーでしか体感し得ないファッションを、ぜひ体感しにいらしてください」

ELZA WINKLER

中井英一郎デザイナー

 「テーマは“Flight Under the Moonlight”。ジャケットとドレスがメーンのコレクションで、女性の美しさを際立たせるエレガントなシルエットに注目してください。『エルザ ウィンクラー』が作り続けているエレガントな服を、一人でも多くの方に知っていただきたいです」

TAE ASHIDA

芦田多恵デザイナー

 「25周年という区切りの1年を終え、次の25年に向けてモノ作りの原点に戻ってより丁寧に製作しました。サバンナの力強さや軽やかさ、きらめき、躍動感などを表現しています。服を一点一点よく見ていただけるように演出なども考えているので、身にまとった時の美しい表情や躍動感をご覧いただけたら幸いです」