ファッション

長澤まさみが342カラットの原石から生まれたジュエリーで輝く

 「ショパール(CHOPARD)」は 10月2日、342カラットのダイヤモンド原石から生まれたハイジュエリーコレクション “クイーン・オブ・カラハリ”の初上陸イベントをTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催した。

 “クイーン・オブ・カラハリ”は、342カラットの原石からとった23石を、ネックレスやイヤリング、ウオッチ、リングを含む6つのジュエリーにしたもので、ネックレスの中央に鎮座するのは50.13カラットのラウンドカットの大きなダイヤモンドだ。

 イベント当日には、女優の長澤まさみが“クイーン・オブ・カラハリ”を身に着けて登場し、その魅力について「6つのジュエリー全部で一つという感じがする。ピュアな気持ちになるし、不思議な力を感じる。『カンヌ国際映画祭』をきっかけに『ショパール』のジュエリーを身に着ける機会をいただき、レッドカーペットで初めて着けた。ジュエリーに助けられ、レッドドカーペットでは堂々と自信を持って歩くことができた。ジュエリーは、自分が自分以上になれるものであり、五感を動かされたり、夢を見させてくれるもの」とコメントした。

 イベントでは、“クイーン・オブ・カラハリ”が誕生するまでの物語をつづった映画が上映され、その中でキャロライン・ショイフレ(Caroline Scheufele)=ショパール共同社長が、原石からジュエリーになるまでの過程を追っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら