ファッション

世界最大のダイヤ原石が59億円で落札 テニスボールの大きさ

 「グラフ(GRAFF)」は9月25日、世界最大のダイヤモンドの原石を入手したと発表した。2015年にボツワナのカロウェ鉱山で採掘され、“レセディ・ラ・ロナ”と名付けられた同原石は1109カラットでテニスボール大のサイズ。この100年で最大サイズの原石だ。カナダの採掘会社ルカラ・ダイヤモンド(LUCARA DIAMOND CORP.)が16年にサザビーズのオークションで売却しようとしたがうまくいかず、1年間の交渉の末、ローレンス・グラフ(Lawrence Graff)会長が5300万ドル(約59億円)で購入した。

 同原石は熟練した職人チームが「昼夜を問わず作業して、この素晴らしい宝を確固たるものにする」という。「原石は自分がどうカットされたいか語り掛けてくる。われわれはこの貴重な宝を最大限の敬意と細心の注意を払って作業に当たる。私のキャリアの中で記念すべき日だ」とグラフ会長は語った。

 「グラフ」は5月にかつて同原石の一部だった373.72カラットの原石を入手。また、16年には375カラットの原石からカットされた118.78カラットのハート型ダイヤモンド“ヴィーナス”を公開した。他にも、102.79カラットのラウンドダイヤモンド“コンステレーション”や、118.08カラットのスクエアカットのイエローダイヤモンド“デライア・サンライズ”などの大粒ダイヤモンドを入手している。

 

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら