ファッション

海とつながるプールや10万円スパ、トランジット新施設の制服を「Nハリ」尾花がデザイン

 神奈川県の大磯プリンスホテルが7月、客室棟のとなりに新設のスパ施設「サーマル スパ エス ウェーブ(THERMAL SPA S.WAVE)」をオープンした。1階にはホテルフロントとレストラン・バーがあり、3、4階に湘南の海を一望できる温泉・スパを設置。“日常から解放されたゆらぎの旅”をコンセプトに、温泉や海と一体化した感覚を味わえるインフィニティプール、プライベートスパ、サウナなどを用意した。

 施設コンセプトやプロジェクトメンバーのキャスティングなど、全体のプロデュースをトランジットジェネラルオフィスが担当した。グラフィックデザインを「アシックス(ASICS)」のロゴなどを手掛けたNYのスタジオ・ニューワーク(STUDIO NEWWORK)が製作。館内のユニフォームデザインは尾花大輔「 N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」デザイナーが手掛けた。

 8月31日までは宿泊者専用スペースとして活用するが、9月1日以降はスパ施設だけの利用も可能になる。宿泊者は無料で利用できるが、スパだけの利用には4500円(小学生2000円、未就学児無料)がかかる。プライベートスパの利用には別途5万〜10万円が必要だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら