ファッション

フリーダ・カーロにオマージュ フリークス ストアの新ブランド「フリーダ」

 セレクトショップのフリークス ストア(FREAK’S STORE)は、新ブランド「フリーダ(FREADA)」を立ち上げた。渋谷店、原宿店、ルミネスト新宿ウィメンズ店、あべのフープ店、長野店などで7月から販売している。

 同ブランドは、メキシコ人女性画家のフリーダ・カーロ(Frida Kahlo)の精神力やファッションへの貪欲さ、メキシコの太陽をイメージソースに、色や柄の映えるエスニック風の「1点主役級のアイテム群」をそろえる。古着をリメイクした1点物や色柄が派手なワンピースなど1枚で映えるラインアップだ。ブランドのビジュアルもフリーダ本人の容姿を意識したものになっている。

 ディレクターは、長年フリークス ストアのプレスを務めた小笠原希帆。ターゲット層は、20代後半から30代後半の女性だ。今後は、古着のリメイクアイテムを増やす。第2弾の発売は11月中旬を予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら