ファッション

フリーダ・カーロにオマージュ フリークス ストアの新ブランド「フリーダ」

 セレクトショップのフリークス ストア(FREAK’S STORE)は、新ブランド「フリーダ(FREADA)」を立ち上げた。渋谷店、原宿店、ルミネスト新宿ウィメンズ店、あべのフープ店、長野店などで7月から販売している。

 同ブランドは、メキシコ人女性画家のフリーダ・カーロ(Frida Kahlo)の精神力やファッションへの貪欲さ、メキシコの太陽をイメージソースに、色や柄の映えるエスニック風の「1点主役級のアイテム群」をそろえる。古着をリメイクした1点物や色柄が派手なワンピースなど1枚で映えるラインアップだ。ブランドのビジュアルもフリーダ本人の容姿を意識したものになっている。

 ディレクターは、長年フリークス ストアのプレスを務めた小笠原希帆。ターゲット層は、20代後半から30代後半の女性だ。今後は、古着のリメイクアイテムを増やす。第2弾の発売は11月中旬を予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら