ニュース

ブームの背景にSNSも 多色&ハイブリッド形状のリップ続々

 リップカテゴリーが引き続き盛り上がりを見せる中、2色以上の異なる色やテクスチャーをスティック状に組み合わせた、ハイブリッドリップ商品が続々と登場している。ティントやpHリップといったトレンドを取り入れながらユニークな形状や仕上がりを追求する背景として、若年層の取り込みにつながる“SNSでの拡散”も理由にあるようだ。

 「メイベリン ニューヨーク(MAYBELLINE NEW YORK)」が7月15日に発売するのは、ミントグリーンのハイライトカラー、ブレンドカラー、血色感カラーの3層からなるトリプルカラーリップ「メイベリン ニューヨーク リップ フラッシュ ビッテン リップ」。海外でトレンドになっている、ハイライトで顔に立体感を作るストロビングメイクを応用し、唇の輪郭にハイライトの艶を与えた新たなリップメイクを提案している。開発の背景について、「リップの色や質感が多様化する中、グラデーションやストロビングといった人とは異なる個性的なリップメイクに需要が高まっている」と真野綾子マーケティング シニア プロダクト マネージャーは分析する。

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」は8月4日、ダークカラーとメインカラーを組み合わせた「ルージュ・ジバンシィ・スカルプト」を数量限定で発売する。唇のpHに反応して色が変わる人気のリップグロス「グロス・ラヴェラトゥール」のテクスチャーを採用しており、自分だけの発色を楽しめるのが特徴だ。佐藤香恵PRマネージャーは「SNSが普及している現代、女性は“自分だけ”のメイクの仕上がりや表現を追求している」と語り、プロモーションではSNSを活用した情報発信に注力していく方針だ。

 「イヴ・サンローラン・ボーテ(YVES SAINT LAURENT BEAUTE)」が2月に発売したハイブリッドリップ「ヴォリュプテ ティントインバーム」は、初速から爆発的なヒットを記録し、同ブランドのリップカテゴリーで過去最高の売り上げを樹立。ティント色素をバーム中央に配することでできるにじむような発色や高いリップケア効果が好評なほか、キスマークをしるしたフォトジェニックな見た目からSNSでも拡散され今回のヒットにつながった。

 最新トレンドを取り入れたハイブリッド商品は影響力の大きいSNSでも拡散されやすく、トレンドに敏感な20〜30台の若年層に向けた有効なアプローチといえるだろう。ランウエイでもモデルに合わせたメイクが主流となっているように、リップでも自分らしさを表現し、メイクを楽しもうというムードは今後ますます高まりそうだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

業界の垣根を超えたマッチング企画 あの企業、あの人へのラブレター

「WWDジャパン」9月28号は、「業界の垣根を越えたマッチング企画 あの企業、あの人へラブレター」特集です。「ONE WWD JAPAN」としてファッションとビューティを一つにすることを掲げる私たちは、両業界の懸け橋となるべく企画を実施。業界の垣根を越え、どんな企業や人と組みたいかを募ったところ、総勢33ものファッション&ビューティ業界人とブランドが、熱い思いを手紙や色紙で表現してくれました。新た…

詳細/購入はこちら