フォーカス

渋谷区長が「ホコ天復活」を目指す理由

 渋谷区の長谷部健・区長は、「ファッションにおいてパリ、ロンドン、ニューヨーク、渋谷区と呼ばれるようにしたい」と常々公言している。博報堂出身で、NPOや区議時代から“渋谷区のプロデューサー”との異名を持ち、オーガニック朝市「アースデーマーケット」の立ち上げ、表参道のイルミネーションの復活、市民大学ブームの先駆けになった「シブヤ大学」の設立、ナイキの命名権を活用した宮下公園のリニューアル、そして全国初のLGBTパートナーシップの条例などを次々に実現してきた。柔軟な発想と抜群の行動力で注目を集める長谷部区長に、ファッション都市・渋谷の発信力を高める秘策をあるのか。

WWDジャパン(以下、WWD):都内でも渋谷区にはアパレル企業やファッションストアが集中しています。渋谷区にとってファッション産業はどんな位置づけですか?

長谷部健・区長(以下、長谷部):基幹産業だと思っています。渋谷区全体で考えれば、ITを含めて大小さまざまな産業の経済活動が盛んです。しかし文化の発信力という視点で考えれば、やはりファッションは特別な存在ですよ。渋谷区が日本中、いや世界中にアピールできる産業です。

WWD:他の都市とは異なる、渋谷区ならではファッションの特性って何でしょうか?

長谷部:何といってもストリートカルチャーですね。僕の原体験でもあります。

WWD:原体験?

長谷部:僕は生まれも育ちも神宮前です。神宮前小学校、原宿中学校(現・原宿外苑前中学校)に通い、今のキャットストリートは僕らの遊び場でした。子供の頃からストリートカルチャーに揉まれて大きくなった。小学生の頃は、近所に竹の子族やロカビリー族のお兄ちゃんたちがいるのが日常の光景です。チャリンコに乗っていると、こんな頭(リーゼント)したお兄ちゃんから「坊主、『クリームソーダ』(ロカビリーファッションの人気店)はどこだ?」で聞かれて、案内してあげると、お礼にクレープをごちそうしてくれたりした。ああいう人たちって見た目は怖いけど、子供にはやさしくて、カッコつけて何か奢ってくれるんです(笑)。

WWD:したたかな子供だったんですね(笑)。

長谷部:中学校に入学する前後からDCブランドが大ブームになりました。幼馴染の親御さんにファッション関係者が多く、僕も自然にその中に入っていきました。一番かわいがっていただいたのがバツの松本瑠樹さん。残念ながら(2012年に)お亡くなりになりました。息子のルキは同級生で今も親友です。ご自宅にもよく遊びに行ったし、おこづかいを握りしめてファミリーセールにもよく行きました。「メンズバツ」のジャケットなんか、さらに安い子供価格で手に入れることができました。原宿神宮前商店会の会長として、現在もお世話になっているジムの八木原(保・会長)さんの娘さんも一つ上の先輩だったので、よくファミリーセールにお邪魔していました。

WWD:すごく恵まれた環境ですね。

長谷部:でも当時は恩恵に気づいていなかった。それが当たり前でしたから。当時「ポパイ」とかファッション誌を読んでも、紹介されているのは僕らがふだんチャリンコで行き来しているエリアばかり。中学時代、部活のバレーボールで都大会に行くと、他の中学が僕たちの「原宿中」と書かれたユニフォームを見て「おおっ!」というわけです。高校や大学で他の地域の友達ができると、原宿育ちをすごく羨ましがられて、やっと「恵まれているのかな」と思うようになりました。